8/9 語り部 交流会

8/9は青山学院のRooteさんが来てくださり、語り部を行った後に南阿蘇のマップ作りのためにお店を回ったり、綺麗な景色の見える公園に行きました🙋‍
今回の交流では、色々な意見や質問を聞くことができました!
今後もRooteさんとの交流を続けていけたらなと思います!

8/2 交流会 語り部

8/2は、九州大学の学生の方と一緒にサバイバル飯の話を聞いたり黒川地区で語り部をしたりして交流会をしました😊
サバイバル飯のお話を聞いて自炊をする事で災害時食料に困ることが減るのではないかということを学ぶことができました!!!
また、他大学の学生と交流することで、また違った視点からのことも学ぶことができるので貴重な時間となりました☺️✨

8/1 ミーテイング

夏休み前最後のミーティングを行いました☺

ミーティングでは、復興祭で販売されるtシャツのデザインなど、復興祭についての話し合いました‼

刻々と復興祭が近づいてきていますが、団体メンバー全員で協力し、素敵なお祭りを作り上げていくので楽しみにしていてください☆彡

7/25 語り部

07/25
本日は、東京書籍の方々へ語り部を行いました。
教科書で自然災害を扱うために、今回弊団体への語り部をご依頼頂いたので、我々も教科書通じて次世代の方が少しでも災害の意識を持って頂けたらと、地震の恐怖、災害に対する身構え方、災害後の被災地との関わり方などお話させて頂きました。

6/27 ミーテイング

本日は、ミーティングをしました☺

これからの語り部の予定、南阿蘇大復興祭について話し合いました(^^)/

ミーティングには、1年生も積極的に参加してくれていて、南阿蘇大復興祭でやりたいことの意見もたくさんあり、着実に準備をしています☆

みんなで協力して一つのお祭りを作り上げていきたいです!!!

こども食堂さん

この間、子ども食堂さんに届けた大根を使った漬物を頂きました!

収穫した大根をまたこのような形で頂くことができてとてもうれしいです☺

美味しく頂きました☆☆☆

 

6月ももう少しで終わり、7月に入ります!!

7月は、新歓ツアーがあるので、1年生に少しでも多く、阿蘇の魅力を伝えれるようにしたいです!!!

6/17野の花コンサート 出張語り部

昨日は、休暇村 南阿蘇「阿蘇野草園」にて行われた野の花コンサートで出張語り部を行いました🌻
ブースに来てくださった皆様、ありがとうございました✨🙇✨

また、これから語り部を行っていく上でのアドバイスも頂いたりととても勉強になりました!!!

そして、改めて伝えていくことの大切さを実感しました!

6/15 届けてきました!

6/15は、はっちゃんさんから頂いた洗剤とウェットティッシュを子供食堂さんや地震後も南阿蘇村で営業し続けている朝陽旅館さんや久永屋さんに寄付してきました!

これからはみなさんに助けてもらうばかりでなく自分たちも色んなひとを助けれるように頑張ろうと思います!!!

6/8 収穫

6/8
災害ボランティアはっちゃんさんのご厚意で、畑から大根を収穫させて貰いました☺️✨
立派な大根を収穫しました!!
収穫した大根は子ども食堂に届けました🏃‍♂️💨
子ども達に喜んで貰えると嬉しいです👦👧
地震から約2年たちましたが、新入生にも地震のことについて伝え、少しでも復興の手助けになるようなことを団体メンバーと共にしていけたらいいと思います😊

6/6 生活物資を頂きました。

九州豪雨災害ボランティア支援大作戦のはっちゃんさんから、たくさんの生活物資を頂きました!!

地震から2年経ちましたが、こうやって支援して下さることは、とても励みにもなりうれしいです!!
本当にありがとうございます!

この生活物資は、被災された方に届けたいと思います!

5/30 ミーティング

昨日は、ミーティングを行いました!!

今回のミーティングでは、今後の予定、新歓ツアー、南阿蘇大復興祭について話し合いをしました!!

BBQに参加してくれた1年生も参加してくれました!!

7月に予定されている新歓ツアーでは1年生に阿蘇の魅力を伝えていきたいと思います!

そして、これからの活動は、1年生も含めた新たなメンバーとともにパワーアップしていけたらいいです!

 

WALK INN FES!2018

今日と明日、鹿児島の桜島であるWALK INN FES!2018 に来ています!!

昨年に引き続き、ブースを出展させてもらっています😊✨

前日は雨が降っていましたが、今日は、無事晴れました☀️

ブースではTシャツ販売と写真を展示しています!!

震災から2年経った今現在の南阿蘇の状況や震災当時に経験したことをお話ししていますので、お時間がある方はぜひお越し下さい✨

待ってま~す🙇

5/16 新入生歓迎会BBQ

昨日は、新入生歓迎会BBQを行いました!

たくさん一年生が来てくれて、楽しく交流することができました!!

そして、新しい力も加わり、みんなで協力し、この団体をさらに盛り上げていけたらいいなと思います!!

また、阿蘇を知らない子たちに阿蘇の魅力も伝えていきたいです!

来てくれた一年生ありがとうございました!!

5/16語り部

NHK文化センター福岡教室の皆さんに語り部を行いました!

黒川地区だけではなく長陽大橋や立野地区なども案内しました!

案内している中で地震当日からいまだに手付かずの土砂崩れ現場を見て驚いている方もいました。

黒川地区では、建物はほとんど取り壊され更地の状態での語り部でしたが、地震当日の状況を写真を使いながら案内しました。

解体工事も進み地震の被害を直接見ていただくことはできませんが、私たちが体験したことを交えつつ地震当日の状況を少しでも伝えることができたかなと思います。

2018/5/8

これよりWebサイトの更新を再開します。

長らく更新を滞らせて、ご心配おかけしてしまい申し訳ございませんでした。

阿蘇復興への道は、阿蘇復興のため鋭意活動しております。

語り部活動も随時行っております。復興の現状を知りたい方はぜひお問い合わせください。

 

これからも阿蘇復興への道を宜しくお願い致します。

南阿蘇大復興祭2017 詳細発表!!!

今年も南阿蘇大復興祭開催します!!

 南阿蘇の自然、温かさ、美味しいものが詰まったお祭りです! 今年はそこに そして今年も さんが来てくれます!

地震でそこには住めなくなったけれどまだまだ学生の心は南阿蘇にあります。

地震後に入学してきた学生や県外の方にも南阿蘇の良さ、温かさを伝えたい。

学生が頑張ります。

是非!色んな人の想いがこもった村祭りに足を運んで下さい!

 

お問合せ…08015774837

電話でのお問合せに関しましては、こちらから掛け直すことは出来ません。あらかじめご了承下さい。

ステージ企画

10:00 開会式(15)
10:30 久木野保育所 鼓笛隊(15)
11:00 書道部(15)
11:30 餅投げ(20)
12:00 そば早食い(45) 
13:00 くまモン(15) 
13:30 軽音 ハーフウェイ1(20)
13:55 軽音 ハーフウェイ2(20)
14:20 軽音 ハーフウェイ3(20)
14:50 ダンス(20)
15:15 抽選会(30)

16:00 片平里奈(30)

16:40 the Low-atus(50)

17:30 挨拶 終了

 

出演アーティスト決定!!

 

the LOW-ATUS

 

 

 

細美武士(the HIATUS/MONOEYES)とTOSHI-LOWBRAHMAN/OAU)によるバンド。

 

2011年、3.11におきた東日本大震災以降、精力的に支援活動を続ける二人が、それぞれバンド活動と並行し被災地を中心とした弾き語りでのライブを開始。

 

同じステージに立つことも多く、その中で自然発生的にユニット活動を開始した。

 

 

 

細美武士  www.takeshihosomi.com

 

TOSHI-LOW  www.tc-tc.com

 

 

片平 里奈 RINA KATAHIRA

 

福島県出身シンガーソングライター。

 

2013年メジャーデビュー。史上最年少で東京スカパラダイスオーケストラのゲストボーカルに抜擢。シングル「なまえ」は映画「パパのお弁当は世界一」の主題歌に。日本人女性初のエピフォンの公認アーティスト

HP:http://www.katahirarina.com/

出店情報!!!

1 西原,南阿蘇商工会 ハイボール,綿菓子、Tシャツ
2 のはら農研塾 スイカジュース,からいも
3 山猫軒 カレーライス
4 村上養魚場 ヤマメ
5 そば道場  そば
6 モヒカンラーメン ラーメン
7 援農  
8 渡辺商店 いかやき
9 赤牛の館 赤牛串
10 いんすたバエ ワッフル,台灣珍珠奶茶
11 新栄荘 たかなめし,のっぺ汁
12 久永屋 マフィン、シフォンケーキ
13 旅館朝陽としげにゃん本舗 ビール(サーバー)、にこにこ饅頭
14 ありがとう南阿蘇  
15 ゲストハウスランプ ホットドック,コーヒー
16 ちきゅうや とり唐,ザックリジューシーチキン
17 ホテルグリーンピア南阿蘇 あか牛田楽バーガー,阿蘇ヨーグルトシェイク
18 南阿蘇オーガニックカフェ ワッフル,スムージー,ハーブティー
19 宮崎製茶工場 徳用茶,上茶,特上,ほうじ茶,粉末茶,紅茶
20 南阿蘇自然派ソフト クレープ,タピオカドリンク,ソフトクリーム
21 火の鳥温泉 ホットドッグ,阿蘇サイダー,雑貨
22 南阿蘇商工会 南阿蘇特産品
23 幡ヶ谷再生大学 Tシャツ等
24 東北ライブハウス大作戦 Tシャツ等
25 WALK IN STADIO! Tシャツ等
26 TSUNAGU Tシャツ等
27 真庭農園 農産
28 the LOW‐ATUS official オフィシャルグッズ
29 片平里奈 official オフィシャルグッズ
30 阿蘇の灯 ステッカー等
31 阿蘇復興への道 写真部 Tシャツ,写真展示
32 羊毛キーホルダー作り 羊毛でキーホルダー作り
33 菊池農業高校 展示
34 アニレス キーホルダー等
35 けん玉 けん玉遊び

南阿蘇大復興祭オリジナルTシャツ決定!!

 

今回の南阿蘇大復興祭に出展する幡ヶ谷再生大学がTシャツ再生大作戦として、20159月台風18号による豪雨災害以降活動を続けている水没した茨城県常総市のTシャツ工場復旧作業。

 

たくさんの想いで繋がれた幡ヶ谷再生大学常総リユースTシャツを一部使わせていただいております!
たくさんの人が洗濯し干して仕分けをしてきたこのリユースTシャツには、さまざまな方の復興への想いが詰まっています!是非お買い求めください。

 

 

 

Tシャツ:2000

 

枚数:限定400枚(リユースタグ入りTシャツ70枚)

色:黒、白

交通アクセス、駐車場情報

 

・今回の南阿蘇大復興祭の駐車場としては、第1~第5駐車場までを駐車スペースとして確保しています。詳細はチラシをご覧下さい。

 

・夕方になってきますと暗くなり、お足元が見えづらくなることが予想されますので、懐中電灯をご持参いただけたらと考えております。

 

・駐車場には限りがございますのでなるべく乗り合わせでお越しくださいますようご協力をお願いいたします。

 

 

・駐車場内での事故、盗難に関しましては、一切の責任を負いませんのであらかじめご了承ください。

 

・第25駐車場から会場までは、徒歩1015分程度となります。

 

・会場までの公共交通機関は、こちらをご覧ください。

 

・道路状況としては、827日に長陽大橋が開通しましたのでそちらのルートをおすすめいたします。日によって交通状況が変わるのでお時間に余裕を持ってお越し下さい。

 

※混雑する場合がございますので、その際には俵山トンネルルートをご利用ください。

 

 

詳しくは、下記に記載しております地図をご参照下さい。

 

 

 

あそ望の郷 くぎの

 住所: 熊本県阿蘇郡南阿蘇村久石2807

 〒869–1412

注意事項 ※必ずお読みください

 

・天候について、小雨決行、大雨の場合は朝6時までにHPFacebooktwitterでご報告致します。更新がない場合は決行になります。また、かなり冷え込むことが予想されるため防寒具や、雨の場合の雨具なども準備されることをお勧めいたします。

 

・会場内に長椅子等のスペースは準備させていただいております。しかし、限りがございますので椅子等を各自ご持参いただいても構いません。

 

・喫煙については所定の喫煙場所にてお願いします。

 

・花火、ビン、カン等の危険物の持ち込みは固くお断りします。

 

・ゴミステーションをご用意いたしておりますので、ゴミ等はそちらへお捨てください。

 

・会場内外での事故、盗難については、一切の責任を負いません。

 

・会場内での落とし物、迷子につきましては、本部のテントへお問合せください。

 

・体調不良、怪我をされた方は所定の救護エリアで対応させていただきます。

 

・カメラの持ち込みは可能ですが、アーティストライブの撮影、録音は固くお断りさせていただきます。発見した場合はただちにデータの削除、または、電子機器を没収させていただきます。

 

・ご来場された時点で、運営側からの写真撮影やSNSへの投稿は許可するものとさせていただきます。

 

・ドッグランをご利用いただく場合には、スタッフの指示に従い回り道をしていただきますのでご了承ください。

 

・非常時、混雑時にはスタッフや警備の指示にお従いください。

 

・会場での迷惑行為やスタッフの指示に従えない方は退場とさせていただきます。

 

0 コメント

9/8

今日は阿蘇キャンパスの農場と牧場にて、東京都港区高輪の小学生たちにリアルな植物や牧場の景色や良さを中野先生、山中先生の協力を得て行いました。

カメラ越しにも間近に見る羊や牛に目を輝かせていました。

写真は載せれませんが、大自然の中で実習環境の良さが少しでも伝わればなと思います。

9/6
今日は同志社大学の学生にスライドを用いた出張語り部を行いました!!
また、先方からの質問対応や意見交換もしました!!
今日は私達2年生2人だけの語り部でしっかりと先輩方の様に伝えられるのか不安と緊張で始まったのですが、自然と言葉が出てきて、伝えたいことはたくさん溢れてきました。
同志社大学の方も本当に熱心に話を聞いて下さり途中私達の1人が少し泣いてしまい言葉に詰まった場面ありましたが、私達の思いに共感してくださり感謝の気持ちでいっぱいになりました。
先方の質問対応や意見交換では、違う視点の意見も頂き、私達も改めて地震の知識や防災意識が低いことへの怖さ、そして、人との繋がりの大切さを強く認識することができ、大変貴重な時間となった様に思います。

9/6 出張語り部

8/26.27.28 語り部

8/26
今日は、鹿児島大学の学生団体TSUNAGUさんに語り部を行いました!!
今回、4年生の代表の語り部をするのが最後でしたので、後を引き継ぐ自分達また今後入学してくる学生に伝えるため、ビデオ撮影を行いました。そして今回の語り部には、南阿蘇で下宿をされていた大家さんも参加して下さり、農学部と共に歩んだ歴史、震災直後そして農学部が去った震災後の南阿蘇黒川地区のことを話して頂きました。私達学生も知らなかった地元の方の体験談を聞くことができ、地震直後だけではなく震災後の大変さを知りました。語り部を行う者として、自分達の体験だけでなく被災した多くの方の体験を聞き取り伝えていく必要性を感じました。震災当時とその後の正しい情報を伝えていく努力をしたいと思います。
8/27
今回は、青山学院大学の学生さんに語り部を行いました!!
語り部に参加してもらった方々が学生であったためお互いに震災をはじめとする自然災害に対する意見交換ができました。両者共に自然災害に対する考え、意識というものが違い、語り部をする側として、自分自身が思っていること、考えというものを一方的に押し付けるのでなく聞く側の考えも聞くべきであると思いました。
 
解体が進み建物が少なくなっていること、前回は通ることができなかった道も通ることができるようになったことなどを見て、語り部に参加するのが2回目という学生さんは、前回来た時と違った景色になっていたと言っていました。
27日に長陽大橋も開通し本格的に復旧作業が進むと思います。その時に我々は変わっていく環境を正確に伝えていかなければならないと思います。
8/28
湘南キャンパスの熊本復興プロジェクトに語り部を行いました!
ゴールデンウィークにも一度来てくださっていたので、変わった景色に驚いていました!
語り部が終わった後は、各プロジェクト毎に意見交換会を行い、充実した一日を過ごすことができました!
各県にキャンパスがある東海大学ならではの交流ができたと思います!

8/22 語り部

8/22
今日は静岡の中学生に語り部を行いました!
中学生相手に語り部を行うのは初めてで、どうやったら伝わりやすいか難しかったですが、暑いなか一生懸命聞いてくれました。
静岡県は近いうちに東海地震が来るとずっと言われていますが、いつ、友達と離ればなれになるかわからないこと、何かあってからじゃ遅いから今の家族との当たり前の生活を大切にしてほしいと伝えました。
私達自身も震災を経験して、いつもの生活がとても大切であることを実感しました。
震災で失ったものは多くありますが、経験したからこそ学んだこともたくさんあります。
この学んだことを語り部によって伝えていくことで、災害が起きたとき、誰かを助けたりすることやいつ災害が起きても対応できる知識へ繋げて頂けたらいいと思います。

8/20 語り部

8/20
語り部を行なった四年生の感想です。
今日は久しぶりの語り部に加えて、初めてほとんど1人で話すスタイルで語り部を行いました。
  初めは多くの学生の前で何を話そうか整理できていなくて話が止まってしまう場面もありました。
  でも話していくとあちらからの質問もあり、話したいことがポンポンと出てきました。まだサポートが必要なレベルでしたが、全部を1人でやることで話の流れは作りやすいかと感じました。
  緊張しましたが楽しかったです。
私達が語り部をすることは、熊本地震を経験していない人達に現状を知ってもらうことももちろんですが、もし災害が起きたとき、どう行動すればよいか等の災害への対応にも役立つことができたら良いなと思います。

8/14 語り部

8/14
本日は SPWの学生が語り部に参加してくださいました。
関東の方々で、地震が起こった時の詳しい状況、人々との関わりや繋がりなどを中心に伝え、もし関東で地震が起こった時のことを一緒にお話させて頂きました。
私たちの話が、もし災害が起きた時に、少しでも役に立つことができたらいいです。
また、あまり語り部に参加できていなかった2年生も今回参加し、先輩の話を通して得られるものや感じるものがあったように思います。
私たちが震災を通して、感じたことや体験したことを県外の方だけでなく、こうして後輩に伝えていくことも大切だと改めて感じました。

8/13 語り部

8/13
本日は 青山学院大学 の学生と 幡ヶ谷再生大学 の方が語り部に参加して下さいました。
お盆休みのOGの先輩の話も交えつつ減災に向けての話をさせていただきました。

いつどこで何が起こるかわからない今、日頃から災害に対して備えておくことは大切ということをもっと知ってもらい、また、これからも震災当時の事を少しでも多くの方へ伝えていきたいです。

感想にありましたが、解体が進み復興が進んでも人が住んでいない寂しさを感じた方が多かったです。

4/23日 活動報告

4/23日にいつもお世話になっているのはら農研塾さんにお手伝いへ行きました!

 

幡再生自主生さんたちとサツマイモの間引きをしました!

ハウスの上に日よけシートをかけて、なるべくハウス内の温度が上がらないように調整しました。

 

昼休みは、のはら農研塾さん無農薬米のおにぎりや幡再生の森さん作の特製カレーを頂きました!

農家の倉庫で食べるご飯は一段とおいしかったです!!

 

のはらさんのご予定もあり、作業は三時頃終了しました。

 

今回の活動には、一年生が多く参加してくれたので、一年生の感想をいくつか紹介したいと思います!

 

A君

愉快な農家さんと楽しく勉強させてもらいました!

 

B君

学校で学ぶ座学だけではなく、実際に農場で身体を動かすことも大切だと感じました!

 

との事でした!

 

次は4/29日に市内でRKK特別企画のブースで一時間お話させて頂くので、皆さん是非お越しください!!

 

0 コメント

語り部

今日は、愛知から前にも来て頂いたことのある一般の方3人に語り部を行いました!!

人数が少なかったので、一人ひとりに詳しくお話しすることができました!!

今日は、震災から一年の日であり、今までとは少し違う感じがしました。

そして、一年前の震災当時のことを多くの方に知ってもらい、次の世代に繋げていくことが大事だと再確認することができた日になりました。

 

これからも人との繋がりを大切にし活動していきます!

これからもよろしくお願いします!!

 

 

 

0 コメント

2017/3/6、3/13 語り部 意見交換会 活動報告

2017年3月6日、13日 活動報告

3月6日、13日の語り部と意見交換会に参加してくださったのは、青山学院大学のボランティア・ステーションの皆様です。

ボランティア・ステーションの方達は東日本大震災の3月11日から活動されている6年目の団体さんです。

意見交換会では、ボランティア・ステーションの方達のボランティアに対する思い、そして、これからの課題について話し合い、お互いの活動を共有しました。

この意見交換会では、普段学校では学べないようなことをたくさん教えていただきました。

そして、何年後かの私たちの団体のあり方を学ぶことができました。

今後、活動を続けていく上でとても大切な時間となりました。遠いところから2回も足を運んでくださりありがとうございました。

 

 

 

0 コメント

南阿蘇大復興祭や活動資金明細

南阿蘇大復興祭前に頂いた寄付金の使途

南阿蘇大復興祭開催に伴う寄付金総額

620,690円

寄付金内訳詳細に関しましては、個人情報も含まれるかと思いますので、合計金額での提示にてご了承ください

 

南阿蘇大復興祭での使途

警備費:461,808円

Tシャツ制作費:240,538円

シャトルバスレンタル費:70,200円

 

総額:772,546円

 

南阿蘇大復興祭前に頂いた寄付金は上記の通りの費用の一部に使用させていただきました。

たくさんのご支援ありがとうございました。


南阿蘇大復興祭オリジナルTシャツの総売上

南阿蘇大復興祭オリジナルTシャツの売り上げは、704,000円となりました。

お買い上げ頂いた皆様ありがとうございました。

 

このTシャツの売り上げは、2017年10月22日に開催予定であります、第二回南阿蘇大復興祭の運営資金にさせて頂きます。

また、出店場所を提供頂いた AIR JAM 2016 Hi-STANDARD様、  夢之市 SAKUTA-LOW様 ありがとうございました。

 


南阿蘇大復興祭後に頂いた寄付金について

南阿蘇大復興祭以降に頂いた寄付金総額:243,137円

寄付金内訳詳細に関しましては、既に報告させていただいている方以外は個人情報も含まれるかと思いますので、合計金額での提示にてご了承ください

 

南阿蘇大復興祭で設置した募金箱:81,662円

columbia8様:32,375円

FANDANGO様:55,300円

東海大OB 川尻陽介様:46,800円

 

こちらの寄付金も第二回南阿蘇大復興祭での運営資金とさせて頂きます。

たくさんのご支援ありがとうございました!

1 コメント

東海大OBの方から寄付金をいただきました!

本日は、東海大学OBである、川尻陽介さんから、集めた募金を阿蘇復興への道に寄付していただきました!

 

川尻陽介さんは、『南阿蘇村と東海大阿蘇校舎の復興を支援するプロジェクト』というフェイスブックを通じて情報発信されているかたです。

 

今回いただいた寄付金は、日ごろの活動費や南阿蘇大復興祭の運営資金として、活用させていただきます。

 

川尻さんをはじめ、募金にご協力してくださった皆様、本当にありがとうございます。

0 コメント

2017/1/28 語り部 活動報告

2017年1月28日 活動報告
本日の語り部に参加してくださったのは、株式会社ソリューション CBMオーナーズクラブの皆様です。
去年の、11月に当団体へ直接メールを頂いだき、今回語り部をさせていただく流れとなりました。

語り部の最後には、参加した皆様から感想を聞く機会があり、今後も語り部を続けていく上でとても大切な時間となりました。遠いとことから足を運んでくださり本当にありがとうございました。

※現在、黒川地区では解体が進み、震災当時の状況が伝わりずらくなってきていますが、震災当時の写真を印刷したものなどを使用するなど工夫し今後も活動を続けていきます。
阿蘇復興への道の語り部へ参加希望方は当団体にご連絡ください。
阿蘇復興への道メール:asofukkou@gmail.com

今回語り部に参加した「阿蘇復興への道」メンバーからの感想です。

 


今日、初めて語り部をさせてもらいましたが、緊張しました。崩れてる所とか久々に見て、まだまだそのままのところがあって頑張らんとな、と思いました。実家は熊本ですが、家族とかも現状をあまり知らないので、風化させないことが必要だと思いました。
(農学部3年 Akiyoshi)
久しぶりに阿蘇に行って感じたのは、アパートがどんどんなくなってて、寂しくなったな。と感じました。その反面、やっぱり阿蘇に来れば住民の方の暖かさであったり、大家さんの優しさに触れて、逆に自分らが元気を頂いたように感じました。本当に心から笑えて、温もりに触れて改めて私達は本当に素敵なとこに住んでいたんだなと
強く実感しました。これからも繋がりと絆を大切に村の方々と共にありたいなと強く思いました。
(農学部3年 Matsumura)
阿蘇復興への道の語り部は、参加者の方々の希望の時間に合わせてルートを決めています。今回の語り部では、普段車では通らない道を徒歩で1時間ほど歩きましたが、どんどん景色の変わっていく(解体の進む)村の様子をみて少しずつではありますが、復興に向けて進んでいると感じました。学生村に来ると、震災当時のことを思い出し、つらくなることもありますが、それ以上に震災前の阿蘇での楽しかった記憶をたくさん思い出します。それはこの村には、たくさんの魅力が詰まってるからだと思います。
たくさんの人達に防災・減災の大切さを伝え、震災の風化を防ぐ行くために、これからも復興への道のメンバーの後輩達に活動を続けていって欲しいと強く思いました。
(農学部4年 Endo)

0 コメント

山下歩さんと観光PR動画の打ち合わせ

今日、南阿蘇で阿蘇の観光PR動画作成の打ち合わせがありました!

 

日本国内でYouTubeなどのSNSを中心に活動している山下歩さんにご協力いただき、阿蘇に来たくなるような、興味をもってもらえるような、動画になったらと思い、学生の意見を取り入れてもらっています。

 

大学としても新一年生が入ってくる中で、まずは、阿蘇に興味を持って欲しいこともあり、このお話に協力させていただきました。

 

完成の際には一人でも多くの方に見ていただけると幸いです。

山下歩さん

 

https://www.youtube.com/user/ayumu822#

 

 

0 コメント

阿蘇キャンパス存続決定しました!

阿蘇校舎の存続が決定しました!

まだ完全に阿蘇校舎に完全に戻れる訳ではありませんが、阿蘇での実習など専門授業や研究を順次再開していくようです!

たくさんの皆様方の署名や応援のおかげです!

 

これから、新1年生も入学してきて、実習等で阿蘇とふれあう機会があることは、新1年生にとっても私たちにとっても大きなことです。

 

これからも阿蘇復興への道としてできることを精一杯していくので、よろしくお願いします。

 

http://kumanichi.com/news/local/main/20170121003.xhtml

 

熊本日日新聞 2017年01月21日

0 コメント

役員を変更いたしました

阿蘇復興への道は、4年生の卒業に伴い役員の変更を行いました。

 

代表一同の欄に記載してありますので、是非ご覧ください。

 

これからも新しいメンバーで気持ちを入れ替え全力で活動していきます。

0 コメント

語り部ツアーを行いました!

熊本地震からちょうど9カ月となった日に、大阪のライブハウスFANDANGOの皆様が南阿蘇にお越しくださいました。

 

時間もあったため、語り部ツアーのフルコースで行い、充実したツアーになりました。

 

最後には、FANDANGOさんとcolumbia8のショータさんから、お店で集めた募金を寄付していただきました。

このお金は、活動費や、南阿蘇大復興祭の運営資金とさせていただきます。

本当にありがとうございます。

 

最近では、寄付金をまとめて持ってきていただけることが増え、ありがたいばかりです。

今年度中に大学の存続の決断が出ますが、どんな結果になろうとできる限りのことは、続けていきたいと考えておりますので、これからもよろしくお願い致します。

0 コメント

1/12署名を提出しました

全国の皆様から集められた署名は1月12日に九州キャンパス長にOBの方々と提出させていただきました。

 

その提出の場に前代表原田と現代表石田も参加させていただき、意見を述べる場も頂戴いたしました。

 

南阿蘇に農学部がないとそれこそ入学者は衰退する一方である。もし、少し離れた土地に移動しても黒川地区の方々になんらかの支援をして欲しい。

 

意見は様々ですが、私たちはこれからも東海大学と南阿蘇をつなぐため、活動していきます。

 

署名のご協力本当にありがとうございました。

0 コメント

1/4に署名を締め切りました

阿蘇キャンパスの存続を願う嘆願書は1/4に締め切らせていただきました。

皆様のご協力もあり、全部で5000人分くらい集まったようです。

ご協力していただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

年度内の発表までに時間はあまりありませんが、できるかぎりのことは、やっていくつもりなので、これからも応援よろしくお願いいたします。

0 コメント

2016/12/24 活動報告

12/24

AM

幡ヶ谷再生大学さんが企画した語り部ツアーの案内をさせていただきました。

地震前の生活や地震当時のこと、今回の震災を経験して思うことなどを黒川地区学生村を歩きながら、阿蘇復興への道のメンバーが話をさせていただきました。

その後は、高野台や鮎返ノ滝へ移動し、地元の方の話を聞かせていただきました。

最後には参加した方々の感想を聞く機会もあり、とても貴重な時間だったと感じています。

ツアーを組んで下さった幡ヶ谷再生大学(復興再生部)の皆様、ツアーに参加して下さった方々ありがとうございました。

PM

南相馬BACKBEATにて行われた細美武士さんのXmasライブに参加させていただき、東海大学「三線の花同好会」の部長の石田が、細美さんと同じステージに立ち三線を弾かせていただきました。

また、南阿蘇の現在の状況を話す機会をいただき、ライブ終了後には福島の皆さんが東海大学農学部阿蘇キャンパス存続への署名に協力してくれました。そこでは約400名分の署名を集めることができました。福島のみなさまありがとうございました。

これからも被災地同士、復興に向けてお互い頑張って行きましょう。

 

 

0 コメント

AIR JAM 2106 in ヤフオクドーム

 

2016/12/23

 

AIR JAM 2106 in ヤフオクドーム

AIRJAM2016で阿蘇復興への道のブースを出店させていだだきました。

用意していた南阿蘇大復興祭の記念Tシャツ100枚は完売しました。

Tシャツの売り上げは、全額来年度の南阿蘇大復興祭の運営資金として利用させていただきます。

 

ブースに来られたお客さんの中に、実際に復興祭に遊びに来てくれた方や、テレビの放送をみてお祭りの存在を知ってくれていた方がたくさんいて、「めっちゃたのしかった!」「来年の復興祭も楽しみにしてるよ!」「まじで来年もお祭りやってね!」などたくさんの声をかけていただきとても嬉しく、来年の復興祭にむけてまた頑張ろうという気持ちになりました。

 

 



 

Tシャツ販売と並行して行った阿蘇キャンパス存続を願う嘆願書への署名活動にもたくさんの方が協力してくださり1日で600名もの署名が集まりました。

 

他の団体さんや、東海大のOBの方々が集めている署名と共に、しっかりと学長までとどけさせていただきます。

 

寒い中、署名に賛同していただいた方々、温かいお言葉をかけてくださった方々、本当にありがとうございました。


0 コメント

九州ボラツーネットTSUNAGUへの語り部

 

2016/12/17

 

九州ボラツーネットTSUNAGUへの語り部

 

この団体さんは、平成28年熊本地震復興支援ボランティアに参加した鹿児島大学生で運営されていて、「地域の魅力を最大限に生かしながら大好きな阿蘇を元気にしたい!」という思いをもって設立されたそうです。

http://www.facebook.com/tsunagukyusyu

実際に南阿蘇には、何度も足を運んでいただいており、私たちの語り部を熱心に聞いてくださっています。

語り部の最後には、この間の復興祭の記念Tシャツを渡させていただきました。TSUNAGUの皆様ありがとうございました。

 


 

現在、南阿蘇村の黒川地区では、建物の解体が進んでおり、建物を見ながらの語り部ができない場所もありますが、当時の写真などを使用して、今後も活動を続けていきます。

 

当団体の語り部活動に興味のある方は、是非阿蘇復興への道(asofukkou@gmail.com)までご連絡ください。

 

0 コメント

アメ村えれふぁんとの皆さんを案内しました!

本日は、大阪はアメ村にあります、えれふぁんとというお店の方々を案内しました!

 

中には何度も足を運んでいただいてる人や、はじめての方もいました!

やはり関西の方なだけあって、トークがうまくこちらとしても有意義な時間を過ごさせていただきました。

 

案内している自分たちとしても、日々変わっていく学生村に、複雑な思いでいっぱいです。

いち早く南阿蘇に大学が戻ることが阿蘇を取り戻す一番の方法だと思っています。

案内が終わった後に、東海大学のOBの方がやられている署名活動にも協力してくださいました!

 

今日は一人でしたが、本来、何人かで案内をしておりますので、気になった方は、阿蘇復興への道のGメールまでご連絡ください!

asofukkou@gmail.com

 

アメ村 えれふぁんと で検索すると、店舗情報やツイッターが出ますので、気になった方は是非行ってみてはいかがでしょうか!

本日は南阿蘇までお越しいただきありがとうございました!

0 コメント

学生村ツアーガイド 3組行いました!

下宿のOBの方々を案内

午前中にOBの方々に地震後の学生村を案内しました。

住んでいた頃とは違う景色に、寂しそうな表情を浮かべていました。

卒業以来、学生村に足を運んでいなかったいなかった方もおられ、懐かしさも感じていました。

案内が終わると、下宿の食堂で肩を並べ、南阿蘇大復興祭でも出店した、おばちゃんのタコライスをいただきました!

 

在学中はまだなかったメニューだとおっしゃるOBもいました。

食堂が久しぶりに、ご飯の匂いで溢れ、人で賑わったのも久しぶりで、おじちゃんおばちゃんも喜んでいました。

MONOEYESの皆さんを案内

昼からは、MONOEYESの皆さんが学生村に足を運んで下さいました。

Vo.の細美さんは、度々、南阿蘇を訪れていて、草刈りなども手伝って頂いています。

 

そこで今回、MONOEYESのライブツアーの合間を縫って、メンバーを連れてツアーに参加して下さいました。

細美さんは何度か学生村を見たことがあるが、当事者である、学生の話を聞きながら見るのはまた一つ違うとおっしゃていました。

 

このような発言力のある方々に私たちが伝えたことを発信してもらえることは非常にうれしく思うと同時に、南阿蘇の復興に少しずつ進んでいるなと感じます。


MONOEYESホームページ

http://www.monoeyes.net/

九州ボラツーネットTSUNAGUの皆さんを案内

この九州ボラツーネットTSUNAGUさんは何度もツアーを組んで来ていただいている団体さんです。

毎回参加していただいている方もいれば初めての方もおられ、よくしていただいています。

来月も来てくださるとのことで、毎月のようにツアーを組んでおりますので、是非参加されて見てはいかがでしょうか。

facebook
0 コメント

団体規約変更のお知らせ

この度、「阿蘇復興への道」が任意団体から東海大学のユニークプロジェクトとして認めていただくことになりました。

活動内容も募金活動から南阿蘇復興のためのボランティア活動やイベント企画などへと移行していきますのでご報告致します。

なおホームページに記載されている団体規約も活動内容の変更に伴いまして代表全員の承諾のもと変更させていただくこともご理解をお願い致します。

0 コメント

7/24